株式会社バンフ TEL. 072-800-1766
枚方市の『有料老人ホーム ココロステッキ』です。
入居者様・ご家族様の心身的・経済的安心を提供します。
13.01㎡を確保し、トイレ(温便座)、洗面台、緊急通報装置(ナースコール)、テレビ回線、エアコン、クローゼット、カーテンを完備しています。
車イス同士が行き交える広さがあります。
お食事は3階の食堂で
とっていただきます。
知り合いができて、
会話も弾みます。
1階にあるデイサービスでは、 
スタッフが付き、
安全に大きなお風呂に入れます。
介護用特別浴槽もございます。
各階にトイレがございます。
オストメイト対応です。
ご家族様のご利用も可能です。
ご遠慮なくお使いくださいませ。
夜間でも面会可能です。
※要事前連絡
基本面会時間は、
9:00~18:00です。
お食事は3階の食堂で
とっていただきます。
知り合いができて、
会話も弾みます。

よくある質問

Q
自費サービスを組み込まれて、価格がこれよりも高くなりませんか?以前、入所していた有料老人ホームで最初は安く伝えられていましたが、結局高くなり、払うのが厳しくなりました。
A
自費サービスもございますが、現在使われている方はおられません。枚方市のホームページにも掲載されていますが、その自費サービスも安価です。消耗品費等もいただいている方もおられますが、ご自分でご用意されれば、その費用も掛かりません。
Q
自費サービスを組み込まれて、価格がこれよりも高くなりませんか?以前、入所していた有料老人ホームで最初は安く伝えられていましたが、結局高くなり、払うのが厳しくなりました。
A
自費サービスもございますが、現在使われている方はおられません。枚方市のホームページにも掲載されていますが、その自費サービスも安価です。消耗品費等もいただいている方もおられますが、ご自分でご用意されれば、その費用も掛かりません。

電話でもお問い合わせください!

072-800-1766

担当:トビマツ
入居者様を放っておかない施設です。
入居者様は映画鑑賞やカラオケ
日々のおやつで楽しまれています。
気軽に職員と話せる施設で、
一緒に生活を作っていきませんか?

有料老人ホーム ココロステッキ 料金表

敷金 100,000円 家賃の約2.6ヶ月分(入居時のみ
家賃 37,800円 建物建築の借入金返済利息、設備備品費、周辺近隣の家賃等を基礎として1室あたりの家賃を算出
食費 45,360円 厨房維持費、及び1日3食を提供するための費用
共益費 3,240円 共用施設の維持管理・修繕費
状況把握及び生活相談サービス費 10,800円(介護)、21,600円(支援) 
・状況把握サービス(安否確認、緊急通報への対応)
・生活相談サービス(一般的な相談・助言、専門家や専門機関の紹介)
光熱費 5,400円 各居室における水道光熱費(定額)
管理費 10,800円 エレベーター保守管理用等の施設の安全管理費用
介護保険利用料 10,000円~30,000円 入居者様の必要度によってお支払い
合計 123,400円~143,400円(月額)
食費 45,360円 厨房維持費、及び1日3食を提供するための費用

お電話もお待ちしております!

072-800-1766

資料請求は下記まで
(仮名でも結構です)

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
有料老人ホーム開設のご挨拶

 平成12年(2000年)4月1日に介護保険制度が開始され、はや16年が経過しました。度重なる改正に伴い、介護報酬は減額の一途を辿っています。そして、高齢者の方々の生活にとって非常に重要な年金額も減額傾向にあり、高齢者の方々の経済的負担だけではなく、ご家族様の経済的負担、そこから発生する心理的負担の増大も無視できない現状があります。

 介護報酬減額、年金額減少に伴い、高齢者の生活が非常に厳しい時代に入ろうとしています。社会のニーズは存在しますが、それに対応する社会保障費が確保できない状態が、これからも続くと考えます。

 弊社は、平成13年(2001年)12月に特定非営利活動法人の法人格を取得し、訪問介護事業を開始しました。その後、介護保険サービスとして、居宅介護支援事業(ケアマネージャー)、通所介護事業(デイサービス)を開設いたしました。それと並行して、障がい福祉サービスである居宅介護・重度訪問介護事業、移動支援事業を行っています。 

 世代間格差が大きく叫ばれている現在、ご家族様の金銭的援助無しに、高齢者の方々の年金だけで生活設計ができるよう、平成29年2月1日に『有料老人ホーム ココロステッキ』を開業いたします。同じ施設内には、これまでと同様に、訪問介護、通所介護、居宅介護支援、居宅介護・重度訪問介護の事業所が併設されています。そして、生活空間としてのバリアフリーを目指すだけでなく、障がいを持った方々も地域で暮らしていけるよう、障がい福祉サービスである生活介護事業も平成29年3月1日に開業いたした。

 世代間負担を最小限に抑えられるよう、これからも一丸となって地域福祉の増進に尽力していく次第でございます。
 よろしくお願い申し上げます
 
株式会社バンフ
代表取締役 飛松ツタヱ